忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/25 10:46 】 |
貸し切りVAD生活。
 うちの鯖のVアジトダンジョンには、悲しいぐらいに人がいません。高効率狩り場が増えた結果、こんな地属性だらけでSGもMEも撃てない狩り場なんぞ、見向きもされなくなってしまいました。

8c08af4f.JPG 忍法型の忍者は、永遠の火属性使いっていうか、火属性以外が甚だ頼りないため、VADとの相性はばっちりです。INT完成後ならソロも楽勝です。

 狩りの時給は昔の窓手やアインD2と同じぐらいですが、死亡の危険が段違いなため、アクセスが容易であるという点以外に利点はありませんでした。アインDみたいにプチレアがいっぱい出る訳でもありませんし。

 現在は忍法型のソロ狩り場として、割と優秀なのではないかと思います。
 ただ、以下の記述はあくまでも一個人の感想としてお考え下さい。
 間違っている点などもあるかと思いますが、特に訂正はしません。


■ADに潜る前に
 ここにいるMOBは、動物昆虫だけです。属性は大半が地属性。クリーミーフィアー一党だけが風属性です。
 状態異常攻撃は、スタン・沈黙・石化・呪いと、わりかし凶悪です。

 以上の点から、盾は動物盾か昆虫盾。青熊が最大の強敵ですが、こいつのスタンが怖くないのなら昆虫盾でいいと思います。蝶も割と厄介ですし、何よりマヤ&マヤパが怖いです。
 属性鎧は呪いと石化を考慮して、不死あたりが無難でしょう。特に呪いは万能薬か聖水を使用するはめになり、面倒です。火炎陣張って逃げ回る術忍にとって、呪いは鬱陶しいことこの上ありません。マヤパ相手に喧嘩するつもりなら、鎧も選択肢に入ります。
 属性鎧を使わない場合、蝶の処理を容易にしてくれるペスト鎧(高INTキャラが装備すると、かなりの確率で敵を石化させます)なんか面白いです。
 沈黙はかなりヤバいため、緑ポーションは必須です。といっても、使ってくるのは鈍足&取り巻き無しのキャタピラーですので、実際に緑ポーションのお世話になる機会は少ないでしょう。私は一度も使ったことがありませんが、保険として常備しています。


■ADへ
b5cc0676.JPG

 同盟組んでない他ギルドの人がいるとかなり気を遣うことになるんですが、ここではあくまでも貸し切り状態であるという前提で話を進めていきます。
 他同盟の人がいたら、隅っこで大人しく徒歩狩りをするか、素直に帰った方が無難です。MOBを連れたまま空蝉でSGに突っ込んだりする可能性も、ゼロではありませんので。

 とりあえず、やることは空蝉維持しながら火炎陣。取り巻きは最初の火炎陣で全滅しますので、残ったのに龍炎陣を撃ち込みます。龍炎陣の頻度は、DEXとSP次第です。
 MOBの数が多い場合は、火炎陣をもう一度仕掛けてから、龍炎陣を使うと良いでしょう。どちらにしても、龍炎陣後にはMOBが全滅しているのが理想です。ディレイが3秒もありますから。

 警戒する必要があるのは、青熊です。
 青熊はスタン攻撃を持つ上にHPがずば抜けて高く、火炎陣だけで処理しようとすると1枚では足りません。龍炎陣を使うことになります。足が遅いので、火炎陣のヒットストップ効果は抜群です。
 蝶は移動速度が速いので、火炎陣では止めきれません。火炎陣を2~3回使うか、龍炎陣に頼ることになります。処理が面倒臭いので、積極的に狩るかどうかは状況次第です。
 イノシシは火炎陣1枚で、取り巻き共々焼き豚にできます。しかし足が速くて複雑な誘導が面倒なので、龍炎陣を撃ち込むか、もう一度火炎陣を出して残った赤イノシシを焼いてしまうと楽です。
 キャタピラーはダブルヒット龍炎陣で簡単に倒せます。しかし軸を合わせるのが面倒臭いので、火炎陣出してから龍炎陣叩き込むと更に簡単です。
 マヤとマヤパは足が速い上にHPが高すぎるので、火炎陣狩りには向いていません。FWのノックバックと違って火炎陣は純粋なヒットストップですので、足止め効果はあります。果てしなく面倒臭いので、空蝉で飛んだ後は逃げた方が安全です。
 なお忍者スレの報告によると、マヤパのソロ撃破は面倒だが可能だという話です。マヤは……聞くまでもありませんね。

 それにしても、我ながら面倒臭がってばかりいるようです。

 PTでも手こずるようなMHの場合、火炎陣を数回張り直す必要があります。が、空蝉で吹っ飛ばされる方向さえ調節していれば、火炎陣出してるだけで勝手に数が減っていくので楽なものです。
 MH処理中に龍炎陣を使うと、ディレイで逆に窮地に追い込まれることがあるので注意しましょう。


■収支

 忍者は念状態を維持するために、毎回HPが減っていきます。ぶっちゃけ、MOBからの被弾はほぼゼロなんですが、念状態の維持に回復剤が必要になります。念を使わないという手もありますが、追撃の頻度が増えるので難しいところです。
 回復にはヒルクリを使っても構いませんが、SPが少し厳しくなるかも知れません。VITが高いタイプなら、緊急用の回復剤も兼ねてランカー白ポを持っていくと楽だと思います。
 DEXが高いタイプは空蝉で身を守る頻度が低いため、回復剤よりもヒルクリの方が向いているかも知れません。

 VADではレアらしいものが出ません。マヤパCを除けば、クリーミーCぐらいなものです。
 プチレアとしては、青熊の取り巻きである白熊から、高確率でエル原が得られます。ていうかこいつぐらいしか金銭的に美味しいMOBがいないので、積極的に倒したいですね。白ハブもいっぱいくれます。
 偉大な下っ端ですので、出会ったら拝んでおきましょう。その後で殺しますが。

 他にも、イノシシ一族はたてがみを沢山落としてくれます(VIT+7料理の材料です)。キャタピラーのブリガンも割と美味しいです。蝶一族はハチ蜜を落としますので、現地でのSP回復手段としてどうぞ。
  烈火石100個使う間にエル原1個ぐらいは出ますので、それ以外の収集品は無視しても赤字にはならないでしょう。たぶん。


■総括
 狩り場としては難度が高めですが、危険に見合うものは得られません。強いて言えば、「かつてはみんなの憧れだったADで、ソロだってできるんだぜ!」という満足感ぐらいです。
 ただ、術忍の腕を磨く訓練場としては、そんなに悪くないんじゃないでしょうか。ここでソロが普通にできるようなら、一般的なソロ狩り場のどこに行っても余り苦労はしないはずです。
 でもまあ、ここにはペアかトリオで来た方が良いと思います。その方が安全ですし、忍者がPTで活躍できる数少ない狩り場ですから。
PR
【2007/12/06 05:35 】 | ■くけけな忍者 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<暇防衛日記改めアサシン祭り(12/9) | ホーム | 暇防衛日記(12/2)>>
有り難いご意見
なんだか
少し後ろ向きぽい雰囲気な記事だけどニンジャでも頑張ってヽ(。ゝω・。)ノ
っていう1読者のきもち
【2007/12/10 11:25】| | (ρ_;) #8d1e2bacd5 [ 編集 ]


ありがとうございます
 空蝉のように後ろ向きですが、後ろ向きに前向きな姿勢で頑張っていこうと思います。
 忍者楽しいですよ(゜▽゜)ノ
【2007/12/10 12:59】| | 不知火 #2893b1a861 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]